HOME > NGOサポート募金 > 企業・団体の取り組み事例
はいいいえ

企業・団体の取り組み事例

企業・団体からのご支援例

ヤマダ電機、ジット株式会社
回収ボックス
回収ボックス

家電量販店の株式会社ヤマダ電機と、リサイクルインクの製造・販売を行なうジット株式会社は業務提携し、ヤマダ電機店頭での使用済みインクカートリッジの回収に伴う募金活動を行っています。
ヤマダ電機全店にて回収された使用済みインクカートリッジ1個に対し、10円が拠出されます。この募金先のひとつとして、平成19年12月よりNGOサポート募金の「環境保全・環境教育まとめて募金」および「保健医療まとめて募金」へご支援いただいています。


東北学院中学校 3年B組・3年D組・3年A組と中学2年生(有志)の生徒
文化祭の様子
文化祭の様子

文化祭において模擬店を開き、その収益をNGOサポート募金の「保護が必要なこどもの生活支援」「保健医療支援」「環境保全・環境教育」「平和構築・難民支援」にご寄付いただきました。


KATO グリーンウッド基金
周辺地域の清掃風景
周辺地域の清掃風景

加藤産業グループで実施しているクリーン活動(周辺地域のボランティア清掃)を、会社が評価する仕組みで賛助金を拠出し、積み立てる「KATO グリーンウッド基金」より、2008年9月及び、2010年9月に「環境保全・環境教育まとめて募金」へ、2009年9月及び2011年9月には「保護が必要なこどもの生活支援 まとめて募金」へのご寄付をいただきました。


映画「子供の情景」上映 岩波ホールでの募金箱設置

© 2007 hana=
©2007 Hana Makhmalbaf

アフガニスタンのバーミヤンを舞台にした映画「子供の情景」が2009年4月より東京・神保町の岩波ホールにて公開されました。 その際にロビーに募金箱を設置していただき、映画の鑑賞者のみなさまより、「教育支援まとめて募金」へ多くの募金をへいただきました。(ご協力:岩波ホール、ムヴィオラ、カフェグルーヴ)



映画「バオバブの記憶」を通じて

© 2007 hana=

映画「バオバブの記憶」は、セネガルのある村でバオバブの樹とともに暮らす少年 とその家族の日常を描いたドキュメンタリーです。この映画の代金の一部がNGOサ ポート募金「環境保全・環境教育まとめて募金」へ寄付される劇場鑑賞券 『エコサポートチケット』の販売を通じて、ポレポレタイムス社よりご 支援をいただきました。)



オアシス School of Languege

oasis_logo2.jpg

株式会社アーバン・ウィズが運営する英会話学校「オアシス School of Languege」より、 入校者の入学金の5パーセントと、同学校内に設置していただいた募金箱へ 集まったご寄付を、「教育支援まとめて募金」および「環境保全・環境教育まと めて募金」へご支援いただきました。



有機農園ファーミン

oasis_logo2.jpg

農薬や化学肥料を一切使用しない方針で、お米を中心に栽培を行っている有機農園ファーミンより、農園ホームページで販売するお米について、米代金の中から米のキロ数に応じた金額およびご購入者様の任意寄付を「農業・農業開発まとめて募金」に2007年10月より毎月ご寄付いただいています。



ダンボール募金(ベルモ)

belmo_danboul.gif

インターネット上で美容商品等の販売を行う株式会社ベルモより、ダンボール募金を通じてご支援をいただいています。ダンボール募金とは、ベルモを通じて商品を買うと、梱包用ダンボール1箱につき1円が、JANICの運営するNGOサポート募金 「環境保全・環境教育まとめ て募金」へ寄付され、環境活動を行うNGOに広く役立てられる仕組みです。



旭硝子株式会社

asahigarasu.jpg

旭硝子株式会社の発行する「AGCグループ CSRレポート2010」のアンケートに回答いただいた方1名につき100円をNGOサポート募金の「環境保全・環境教育まとめて募金」へご寄付いただいています。



やきとり募金(鳥はん)

t02200293_0548073010905936137.jpg

仙台のYAKITORI STAND PUB「鳥はん」が実施する、消費して社会貢献「やきとり募金」。売上1串につき1円を、NGOサポート募金の「農業・農村開発 まとめて募金」へご寄付いただいています。



岡大印のクッキー屋さん。~秋の平和祭り~(岡山大学生協学生委員会)

DSCN0048.JPG

フェアトレードの材料を使って作ったクッキーを販売し、材料費以外の収益をNGOサポート募金の「環境保全・環境教育 まとめて募金」「教育支援 まとめて募金」「保健医療支援 まとめて募金」へご寄付いただきました。



エステティック業界『義援金共同納付』

mp1105_cover.jpg

エステサロン向け業界専門紙「エステティック通信」5月号(2011年4月10日発行号)への全広告掲載企業が、掲載料の5%を拠出、「東日本大震災 活動支援まとめて募金」へご寄付いただきました。
【参加企業様一覧】※(全30社、50音順)株式会社アイタウン、有限会社アクセスワールド、アフェクションインターナショナル株式会社、株式会社ヴァリュゲイツ、株式会社エクシーズ ジャパン 株式会社エスト、株式会社エストロワ、株式会社Cure、株式会社クリークインターナショナル、株式会社グローバルエームズ、株式会社サニーライフジャパン、株式会社スプレンダー、ダン株式会社、ドクターウエルネス株式会社、ドクターセラム株式会社、株式会社ドクターピュアラボ、ドクターリセラ株式会社、株式会社日本医広、株式会社日本ビューティコーポレーション、ニューホライズン株式会社、株式会社ネオビクス、株式会社ビーティフィック、株式会社ファーストコンサルティング、有限会社ぶどうの樹、株式会社マキア、株式会社マザーズラボ、株式会社リー・プロ、リバンベストジャパン株式会社、株式会社リンレイ、株式会社クエステック


クロエ レッド

chloe_RED_hj.jpgクロエ(リシュモンF&Aジャパン株式会)が「世界が抱える問題に対しファッションができること」をテーマに実施する「5-Color Charity(ファイブ・カラー・チャリティ)」において、「クロエ レッド」キャンペーンとして、「東日本大震災 活動支援まとめて募金」をご支援いただきました。オリジナルチャリティTシャツ売上全額と、 3月25日~4月30日までのクロエ直営全店舗の売上の一部をご寄付いただきました。
※上記のご支援は「日本赤十字社」と「東日本大震災 活動支援まとめて募金」の2つに分配されています。


ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet