HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(特活)幼い難民を考える会
はいいいえ

団体詳細

(特活)幼い難民を考える会

(特活)幼い難民を考える会

復興をめざすカンボジアで、幼児期の子どもたちが安心して暮らせる環境をつくるための保育活動と、女性の自立を支援するための伝統織物の技術訓練活動に取り組んでいます。


メッセージ

3歳から5歳。この時期の子どもが安心して暮らせる環境をつくること、その大切さを理解し愛情と知恵をもって取り組めるおとなを増やすこと。CYRは「人」を育てる活動に力を入れています。この形に見えない地道な活動を応援してください。


団体紹介

難民を生み出さない社会づくりが大切だと考え、カンボジアで保育と女性の自立支援を行っています。

■保育事業 - 平和を愛する優しい心と強い意志を育てたい-
保育者の育成や遊具・教材の普及に努めています。幼児期の子どもたちは、保育所での様々なふれあいを通して、他人を尊重すること、自分に自信を持つことを学び、平和な心を育んでいきます。近年は、都市スラムの子どもたちを対象とした食と教育の支援に力を入れています。

■織物事業 -女性の自立を支え、伝統文化を守りたい-
貧困家庭の女性を対象とした自立支援として、伝統織物の技術研修を行っています。完成したシルク製品は、カンボジアや日本で販売され、収入を得る機会が限られているカンボジアの女性にとって貴重な現金収入の機会につながります。

対象国カンボジア
対象者カンボジアの子ども、女性
活動分野保育、女性の自立支援
活動写真
(特活)幼い難民を考える会
給食の時間(写真:小林正典)
(特活)幼い難民を考える会
織物に励む女性(写真:小林正典)
(特活)幼い難民を考える会
保育所の子どもたち(写真:小林正典)

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet