HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(公社)アジア協会アジア友の会
はいいいえ

団体詳細

(公社)アジア協会アジア友の会

(公社)アジア協会アジア友の会

社団法人アジア協会アジア友の会は、アジア18カ国、46の地域のネットワークを中心に、飲料水(井戸)供給を活動の根幹に、衛生、教育、生活改善などアジアの農村の住民たちの自立を目指し支援活動を行っている国際NGOです。

NGOスタッフロングインタビュー

(公社)アジア協会アジア友の会

『水からつながるアジア』


メッセージ

アジア協会アジア友の会(JAFS)はアジアに「命の水=井戸」を贈る民間国際協力援助団体(NGO)です「誰もが生きてきて良かったと思える」社会を目指して、人々の「理解と協力と連帯」のもと、「安全な水」を贈ることを通して、生活や環境、医療や衛生、教育の向上などの様々な社会的課題に取り組んでいます。


団体紹介

アジア協会アジア友の会(JAFS)の国際協力事業は原則として、支援対象者が主体となり協力事業を行います。各事業を支援対象者自身が自ら動かすことにより、自信と誇りが芽生え、その力が自立への道へと繋がります。本会は支援を通して支援対象者自身が自ら動く力を養っています。本会の主な協力事業は以下の通りとなっています。
 飲料水供給事業(安全な水(井戸)の普及)
 教育支援事業(初等教育の普及、学校建設ど)
 生活改善事業(マイクロクレジット、代替燃料(バイオガスプラント)の普及)
 環境保全事業(環境保全啓発・植林)
 緊急災害復興支援事業(自然災害時における緊急・復興支援)
 国境を越えた相互理解、経験の交流を促進する事業(ワークキャンプなど)

対象国インド、インドネシア、カンボジア、スリランカ、タイ、中国、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、フィリピン、ミャンマーを含むアジア18カ国。
対象者安全な水の欠乏により水くみの重労働を強いられているアジアの農村の女性や子どもたち
活動分野飲料水(井戸)供給、教育支援、環境保全、保健衛生、生活自立、研究開発、緊急災害復興支援、国際文化交流
活動写真
(公社)アジア協会アジア友の会
渇いた大地に水を求めひたすら歩く家族
(公社)アジア協会アジア友の会
水は子どもたちの笑顔を育む
(公社)アジア協会アジア友の会
就学の機会を得た子どもたち

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet