HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
はいいいえ

団体詳細

(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

ハビタット・フォー・ヒューマニティは、、住まいの問題に取り組む国際NGOです。1976年の設立以来、世界70ヵ国以上で住居建築や修繕を中心に、住まいの改善・確保、そしてコミュニティ支援に取り組んでいます。

参加しているまとめて募金

平和構築・難民支援 まとめて募金

NGOスタッフロングインタビュー

(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

家を建てる、幸せをたてる。


メッセージ

「健全な家」。それは、人間が人間らしい生活をするための基礎。健康、プライバシー、子育て、仕事への活力。 “A world where everyone has a decent place to live” (「誰もがきちんとした場所で暮らせる世界」)の実現に向け、あなたの力をお貸しください。


団体紹介

今日、世界の人口の25%以上、約16億人が、いまだ雨や風をやっとしのげるほどの劣悪な住環境で暮らす、または家のない厳しい生活を送っています(内60%、約10億人がアジア太平洋地域に存在)。ハビタット・ジャパンでは、2003年に日本での本格的な活動をスタートさせて以来、世界の貧困住居問題解決を目指し、アジア太平洋地域を中心に世界各地における住居建築支援活動を行っています。私たちは、家を「与える」のではなく、家を必要とする家族(ホームオーナー)に、建築コストを無利子・無担保で融資、それを少しずつ自力で返済していけるような環境作りを目指すとともに、家を通じて人々の希望を築き、自立を支えています。

対象国世界70ヵ国以上 (アジア太平洋地域では、ほぼ全ての国で活動を実施)
対象者貧困の中、安心して暮らすための住まいが持てない家族
活動分野

貧困削減、地域開発、災害支援、平和構築

①海外事業
●被災者支援事業: 津波や地震、洪水などの自然災害で全壊、損壊した住居(家や学校、その他施設など)の建築・修繕などを通じて、被災者を支援します。この被災者支援事業には、ハビタット・ジャパンが被災地において独自に実施する支援事業と、支援者に義援金を募り、中長期的に現地ハビタットオフィスの活動を後方支援する2つのかたちがあります。
●海外住居建築活動 (グローバル・ヴィレッジプログラム): 世界中にあるハビタット・フォー・ヒューマニティの事務所と連携して行なう7~10日間の海外建築ボランティアプログラムです(通称、GV)。ボランティアチーム(15~25名程度)を世界各地へ派遣し、現地スタッフや大工さん、またホームオーナー家族と一緒に汗をかきながら活動を行います。参加者に特別な技術は必要なく、女性でも参加できます。日本からは、大学生や社会人を含め年間約1,000名近くが参加しています。

②国内事業
●ユースプログラム(若者育成支援プログラム): ハビタット・ジャパンの学生支部(キャンパスチャプター)に所属するメンバーが、海外での住居建築活動や募金活動、貧困住居問題に関する広報・啓発活動を行っています。現在、全国の30を超える大学キャンパスで学生支部が活動。1,500名ものメンバーがハビタット・ジャパンの活動を支えています。

活動写真
(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
ブラット・ピットも活動参加
(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
共に汗をかき、一緒に築く
(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
新居の前で喜ぶ親子

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet