HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(公社)日本キリスト教海外医療協力会
はいいいえ

団体詳細

(公社)日本キリスト教海外医療協力会

(公社)日本キリスト教海外医療協力会 1960年から半世紀近くにわたり、アジアやアフリカの国々に保健医療分野での協力を続けている団体です。1964年に始まった使用済み切手運動でも知られています。

参加しているまとめて募金

保健医療支援 まとめて募金

NGOスタッフロングインタビュー

(公社)日本キリスト教海外医療協力会

『現地の人々とともに』


メッセージ

一つの地域に長く関わり、その地に根ざした保健医療の向上を目指すJOCSの活動は、約50年にわたり、11カ国で実を結んできました。ちょっとした病気で命を落としてしまう人々を一人でも多く助けることができるように、一人でも多くの方のご協力が必要です。


団体紹介

1960年から半世紀近くにわたり、アジアやアフリカの国々に保健医療協力分野での協力を続けている団体です。海外での活動として、
・医師・保健師・看護師・助産師・理学療法士などの保健医療ワーカーを派遣
・アジア・アフリカの医療過疎地で働く保健医療従事者の育成のための奨学金支援
を行っています。地域の人々が、自分たちの手で自分たちの健康を守れるようになることを目標としています。特に困難な状況におかれている女性と子ども、障がい者、少数民族、HIV感染者を対象とした活動に力を入れています。
国内では、1964年に始まった使用済み切手運動でも知られ、皆さまからJOCSにお寄せいただいた切手が、収集家の協力により、海外医療協力のための貴重な財源として生まれ変わっています。

対象国インド・インドネシア・ウガンダ・カンボジア・タンザニア・ネパール・パキスタン・バングラデシュ
対象者現地の保健医療従事者、一般市民(特に女性と子ども、障がい者、少数民族、HIV感染者)
活動分野保健医療
活動写真
(公社)日本キリスト教海外医療協力会
新生児の診療中(小児科医)
(公社)日本キリスト教海外医療協力会
母子健康のためのアウトリーチ(助産師) 
(公社)日本キリスト教海外医療協力会
町の靴修理屋と障がい児用に靴を改良中(理学療法士)

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet