HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN
はいいいえ

団体詳細

(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN

(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN カンボジアに非営利のアンコール小児病院を設立し、管理・運営している団体です。アンコール小児病院では毎日平均350人以上、多い日には600人を超える患者さんを診察・治療しています。


メッセージ

アンコール小児病院の1日の運営費は約65万円。1年では2億5000万円にせまる運営費が必要となり、その約3分の2が皆様からの支援金によりまかなわれています。おなかをこわして亡くなる子や、ケガが原因で亡くなる子、栄養失調で亡くなる子たちを少しでも救うために、ご支援をよろしくお願いします。


団体紹介

1993年、遺跡の撮影でカンボジア・シェムリアップ州を訪れた写真家・井津建郎は、日本や欧米では見られなくなった病気で亡くなる子どもたちや、地雷の被害にあいながら治療を受けられない子どもたちを目の当たりにします。「自分はアンコールでTake(撮る・もらう)ばかりだったが、Giveもするべきではないか」と考えた井津は、非営利の小児病院を設立しようと決意しました。1995年、井津の呼びかけでフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーがニューヨークで設立され、翌96年には東京にもオフィスを設置。1999年、アンコール小児病院を開院し、管理・運営にあたっています。24時間体制の救急病院として内科・外科・歯科・眼科の診療を行うほか、医療教育、保健教育、地域支援などカンボジアの基礎医療向上と病気予防にも奮闘中。

対象国カンボジア
対象者0~15歳までの子ども、保健教育が必要な患者の家族および周辺住民、カンボジア国内の医療従事者
活動分野院内での診療・治療、訪問看護、HIV/AIDS支援、地域医療支援、保健教育、医療従事者教育    
活動写真
(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN
アンコール小児病院の外観 
(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN
毎日大混雑する外来受付の様子
(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN
回復に向かい、この笑顔!

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet