JANICからのお知らせ JANICの最新情報を発信しています。

EVENT

【会員限定】国際支援でブロックチェーン技術はどう活かされる?~最先端技術の社会変革の可能性~(6/7)

MAY.11.2018

【会員限定】国際支援でブロックチェーン技術はどう活かされる?~最先端技術の社会変革の可能性~(6/7)

「国際協力やNGOの最新テーマを学んだり、議論する場がほしい」という多くの声に応えて、JANIC会員と事務局でインタラクティブな勉強会を企画しました。

持続可能な社会の実現に向けた課題解決のためにテクノロジーがどのように活用できるのか。その可能性と課題を学び、それぞれの団体の活動に活かすためのグループを結成します。

初回は「国際支援でブロックチェーン技術はどう活かされる?」「最先端技術の社会変革の可能性」をテーマに専門家を招いて学びます。

今後、実践的な学びの場としていくために「ワーキンググループ」として継続を予定しています。JANIC会員の皆さま、ご参加お待ちしています。

目的 ▸国際開発のテクノロジー活用最先端情報を学び、活かす。
▸国際開発の テクノロジー活用ならばこのWG に聞けば最新情報、様々な事例がきける状況をつくる
日時 2018年6月7日(木)10:00-14:00
場所 クロスフィールズ 会議室
(〒141-0031 東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル4F)
アクセス  http://crossfields.jp/aboutus/who_we_are/
定員  25名
 対象  JANIC会員の経営者、および国際開発でのテクノロジー活用に関心を持つ実務者
 参加費  正会員 無料、協力会員 2,000円/人
※勉強会終了後の懇親会にご参加の方は、お弁当代700円を当日ご持参ください。
※ウェブツールを使っての参加可能(スカイプ等)
 企画 NPO法人エイズ孤児支援NGO・PLAS 代表理事/JANIC 理事 門田瑠衣子さん
NPO法人クロスフィールズ 代表理事/JANIC 理事 小沼大地さん
 講師 第1回 株式会社カルミナ 代表 安藤昭太さん
愛媛県生まれ。大学時代に国際問題を扱う学生団体に所属し、主に東南アジアでのスタディーツアーを通して、途上国における社会問題について興味を持つ。富士通株式会社にて金融機関へのシステム導入、クラウドサービスの開発、オフショア開発のマネジメントを行う。4年間かものはしプロジェクトでのプロボノ活動を通してNPO/NGOセクターこそITを活用し、社会課題の解決を推進していく必要があると痛感し、日本初のNPO/NGO専業のITコンサルティング/エンジニア会社「株式会社カルミナ」を設立し、代表を務める。https://twitter.com/shotaando
 プログラム 【第1部:勉強会】
10:00-12:00 オープニング
講演:ブロックチェーンとは? 国際支援分野でなぜ使えるのか? ブロックチェーンの活用事例
意見・情報交換
【第2部:懇親会/WGのチームアップ】
12:00-14:00 ランチを食べながらフリーディスカッション(含む今後の予定)
※お弁当をご用意します。実費700円を当日お支払いください。
詳細(PDF:427KB)
申込 http://ptix.at/UVEzuY
申込〆切  5月31日(木) 先着順

JANICワーキンググループ

NGOや国際協力の共通課題について、NGO同士で情報共有・学習を行い、協力して達成・改善を図る活動の制度です。
JANIC正会員が、関心のあるテーマでグループを設立、参加できます。2018年度のテーマ募集は6月を予定しています。

本件に関するお問い合わせ先

認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)
JANICワーキンググループ担当 山田、伊藤
jwg@janic.org

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容