連携促進JANICの主な活動領域の3事業をご紹介します。

連携促進

連携促進NGOと企業、労働組合、自治体などと、 主体性を生かしたパートナーシップを推進します。

「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現には、あらゆるセクターがそれぞれの強みを生かしながら連携・協働していくことが不可欠です。JANICは、「NGO・CSOの主体性を生かした他セクターとの対等なパートナーシップ」を推進することで「SDGs達成を目指す社会づくり」を目指します。近年は特に、企業、労働組合、自治体を重点セクターとして位置づけ、連携促進活動を実施しています。

NGOと企業の取り組み

環境・社会・経済に大きな影響力を持つ企業がSDGsを意識したCSRや経営を実行することが、持続可能な世界の実現につながります。JANICは、企業とパートナーシップを組みながら、さまざまな事業を通して「SDGs達成を目指す社会づくり」を進めていきます。

NGOと企業の取り組み
  • NGOと企業の
    連携推進ネットワーク

    NGOと企業が対等な立場で協力することを目的に、NGOメンバーと企業メンバーが定期的に対話を行い、共に取り組める課題の抽出や協働アクションを行っています。(2008年結成)

    MORE

  • 企業向けサービス・
    メニュー

    連携相談、コンサルティング、人材育成・講師派遣など、ネットワークNGOであるJANICならではのコンテンツで企業がSDGsに取り組むお手伝いをします。

    MORE

  • 企業協力会員

    国際協力に関する最新情報やNGOとの出会い・学びの場を提供します。JANICが主催するさまざまなセミナー、イベント、ネットワーク等に会員価格でご参加いただけます。

    MORE

労働組合とNGOの取組み

労働組合も労働運動の一環として国際的な社会貢献活動を行うアクターです。JANICでは労働組合とNGOの協働を促進するために、「NGO-労組国際協働フォーラム」の設立に関わり、現在NGO側の事務局を担っています。NGOと労働組合間の相互理解と協働事業を促進することにより、公正ですべての人々の可能性を開くことができるグローバル社会の形成と市民社会の強化を目的としています。

NGO労働組合国際協働フォーラム

自治体とNGOの取り組み

海外の自治体との国際交流経験をもとに、自然環境や文化・産業など地域資源を活用した日本の自治体による国際協力をより効果的な活動にするサポートを行っています。相手国の現状や現地住民のニーズ把握等など国際協力に関する情報やノウハウを持つNGOと協力することで、より質の高い日本の地域社会からの国際協力活動が可能となります。

全国の自治体の国際活動を促進するためにJANICは自治体国際化協会(CLAIR)と連携し、「市民国際プラザ」を1999年から共同で運営しています。自治体とNGOの連携サポートを行い、地域における国際協力・多文化共生等の活動の推進、自治体・地域国際化協会とNGO・NPO等との連携・協働を促進しています。

NGO労働組合国際協働フォーラム

自治体やNGOへの働きかけによる連携の創出

自治体とNGOが交流する機会の提供

国際協力・多文化共生に関する情報収集・提供

市民国際プラザ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容